领域棋牌

:
香港、世界競争力ランクで第3位に躍進
jp.xunhuo8.com | 発表時間 2019-10-25 16:33:32 | 新華社 | 編集: 李佼俐

香港竞争力世界排名第3位

9日,世界经济论坛发布2019年《全球竞争力报告》,在全球141个经济体中,香港排名第3位,较去年上升4位。报告在今年1至4月进行,访问了全球一万多名商界行政人员。

在《全球竞争力报告》的12个支柱领域中,香港“宏观经济稳定性”“健康”“商品市场”和“金融系统”排名第一,“基础设施”和“信息及通讯科技应用”排名第三,“制度”排名第五,反映香港在这些方面的竞争优势。

香港特区政府表示,政府一直致力提升香港经济的竞争力和活力,努力维护香港传统优势,包括优良的法治传统、司法独立、自由开放的市场、简单低税制、高效的公营部门及公平方便的营商环境。

特区政府还表示,会积极加强在基础建设、创新科技、培育人才和增加土地供应等方面的投资,为香港经济的长远发展提供有利环境。

在这份最新版竞争力综合排名中,新加坡排名第一,美国从去年的第一位跌至第二位。

世界经济论坛从1979年开始发布年度《全球竞争力报告》,旨在对各经济体长期经济增长的驱动因素进行评估。为体现第四次工业革命对经济体竞争力带来的变化,世界经济论坛从去年开始引入多项新的评价指标。

香港、世界競争力ランクで第3位に躍進

世界経済フォーラム(WEF)は9日、2019年版の「世界競争力報告」を発表した。世界の141カ国・地域を対象とした評価で、中国香港は第3位となり、前年から4つ順位を上げた。この報告は今年1~4月、ビジネス界の行政関係者を対象に行った調査を踏まえて、まとめられた。

12の評価項目のうち、香港は「マクロ経済の安定性」「健康」「商品市場」「金融システム」で首位、「インフラ」「ICT(情報通信技術)の導入」で第3位、「制度」では第5位につけた。香港がこれらの分野で競争力を有することが明らかとなった。

香港特別行政区政府は、以前より香港経済の競争力と活力の向上に取り組み、良質な法治制度の伝統、司法の独立、自由で開かれた市場、シンプルな低税率制度、効率性の高い公営機関、公正で便利なビジネス環境など、香港が有する優位性の保持に努めてきたと表明した。

香港政府はまた、インフラやイノベーション科学技術、人材育成、土地供給の拡大などに対する投資を増やし、香港経済の長期的発展に向けて、有利な環境を創り出す方針を明らかにした。

2019年版ランキングでは、シンガポールが首位となり、昨年首位だった米国は第2位となった。

WEFは1979年から毎年、「世界競争力報告」を発表している。対象となる国・地域の長期的な経済成長のけん引要素を評価する。第四次産業革命が各国・地域の競争力に与えた変化を反映するため、WEFは昨年から、新しい評価指標を数件加えた。

中日対訳のホームページへ

超凡棋牌 七七棋牌 吉祥棋牌 荣耀棋牌 超凡棋牌 亿乐棋牌 金星棋牌 科乐棋牌 手机棋牌 卡卡棋牌